友情航海

〜追いつけないメリーゴーランドあるいは雨降りのローラーコースター〜

ゆかいな毎日

私は現在、本来であれば通学なり就労なりをしていなければおかしい年齢にもかかわらずそのどちらもせず、昼間からプレイしているわけでもない(怖いから)FNAFシリーズの攻略サイトを読み漁り、食事はしるこサンドと野菜ジュースで済ませ、一日の終わりに小一時間ほどかけてデタラメなブログを書くことで何かをやった気になっているあまり良くない人間なんですけど、そんな私にも無邪気な幼少期がありました。

 

 

こちらは私の保育園の卒園アルバムです。

f:id:iganozonami:20171125215620j:plain

この非常にハイカラなイラストは当時の私が描いた自画像です。切手の妖精にも見えますね。

 楽しかった保育園時代に思いを馳せれば、今のどうしようもない状況から少しは逃れられるかもしれません。早速読んでいきましょう。

 

f:id:iganozonami:20171125215646j:plain

このアルバムを開くの自体相当久しぶりです。

 

懐かしいなあ。

もうあんまり覚えてないけど、楽しそうだなあ…。

あの頃は幸せだったなあ……。 

 

写真に添えられた保育士さんたちのコメントです。

f:id:iganozonami:20171125215735j:plain

 

f:id:iganozonami:20171125215801j:plain

 

f:id:iganozonami:20171125215826j:plain

優しい世界だなあ。どうしてこのまま生きていけないんだろう。

 

 

f:id:iganozonami:20171125215900j:plain

 でも、保育園の卒園アルバムで昼寝のことをわざわざ「午睡」って書く?

 

 

f:id:iganozonami:20171125215929j:plain

当時の私の将来の夢です。「マジックができるからマジシャンになりたい」とは、面白いことを言う子供ですね。

ちなみに今の私は阿佐ヶ谷でクリームソーダの専門店を開きたいです。できるものなら。

 

そしてこちらは、母から私へのメッセージです。

 

f:id:iganozonami:20171125220113j:plain

 

この2年間、先生やお友だちとたくさんあそんで、毎日たのしそうで、おかあさんも、いっしょにたのしかったです。きっと小学校にも、たのしいことがいっぱいあると思います。たくさんべんきょうして、おかあさんにいろんなことをおしえてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うわああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

すみません、取り乱してしまいました。

 

「たくさんべんきょうして、おかあさんにいろんなことをおしえてください」と言われていますが、私はつい最近母から「あんぱんの上に牛乳を置くと、あんぱんが潰れる」ということを教えてもらったばかりです。ぜんぜんダメです。ぜんぜんダメ。

 

あと「先生やお友だちとたくさんあそんで、毎日たのしそうで、おかあさんも、いっしょにたのしかったです」のところが一番きつかったです。高校生の時マジで友達が一人もいなかったからです。

 

高校2年生の時の家庭科の授業で、4〜5人で班を組んでそれぞれカフェを開こうというような企画があり、私の班はスコーンと紅茶を出すイギリス風のカフェをやることになったのですが、スコーンを作ってくる係とか茶葉を用意する係とか班の中で役割分担をしている時に私はたまたまその場にいなくて、かといって友達がいないので他の班員に尋ねることもできず、自分の仕事が何かわからなないまま当日を迎え仕方ないのでスコーンを焼いて持って行ったらすでに他の人がスコーンを持ってきており、しかもそれが自分の作ったやつよりずっと見た目も味も良くて、そのタイミングで自分の日干しレンガみたいなパッサパサのスコーンを出せるはずがなく、結果一班分、つまり20個近いスコーンが日の目を見ることなく私の手元に残され、何度も言うようだけど友達がいないので誰かにあげたりもできず、でも捨てるのも忍びないから結局その日は昼食を抜き、昼休みにトイレの個室にこもって何度も窒息しそうになりながら大量のスコーンを平らげたという経験すらあるのです。

 

 恥ずかしい話、私は友達がいなくてもそんなに寂しくなかったのですが、さすがにこの時ばかりは胸が張り裂けそうになりました。

 

f:id:iganozonami:20171125220113j:plain

当時の母も、よもや自分の子供が十数年後にそんな学校の怪談みたいな行動に及んでいるとは想像できなかったでしょう。

本当にごめんなさい。

 

 

と、やっぱりなんだか暗い気持ちになってしまいました。今をしっかり生きていないと、過去を見返しても惨めな気分になるだけなのかもしれないですね。

 

はあ…

 

それにしても……

 

f:id:iganozonami:20171125224540j:plain

f:id:iganozonami:20171125224557j:plain

保育士さんからのメッセージ



マジで今言ってくれ。